メール便 発送開始!!詳しくはこちら →

【MARVELOUS 供曄攅掌祐司プロ 2015年最新モデル】<SPEC>Length:41.0mm/Weight:16.5g/Max dia:7.4mm<POINT>スペックの全てを見直し、より理想の飛び、矢速、グリップフィーリングを追及。メインのウイングカットは角を落とす加工をしているため、力をきれいに乗せることが可能となった。

ご購入はこちら

【MARVELOUS 供曄SPEC>Length:41.0mm/Weight:19.0g/Max dia:7.4mm<POINT>16.5gのものと全長・最大径は同じだが、19.0gという重量が最大のポイント。江口選手が全く別のバレルと思うほど。ハードダーツの試合も見据え、今回のプラスシリーズは劇的な変化を遂げた。【江口祐司プロ 2015年最新モデル】

ご購入はこちら

江口祐司プロによるインプレッション

江口祐司プロへ直撃インタビュー

Q.新作バレルの発売決定おめでとうございます。実際に投げてみての感想をお聞かせください。
自分のオリジナルバレルなので、投げる前から「いいな」というのはイメージしていたんですが、実際に投げてみてイメージ通りに仕上げて頂けたというのがファーストインプレッションでした。
Q.マーベラス2プラスの19.0gという重量が一番の特徴のように感じますが、このあたりにはどのような思いがありますか?
より上を目指すためには、今までのものに変化を加えなければいけないと感じています。重いバレルの特徴として、その重さに頼って投げられることが挙げられます。PDCでも重いバレルが主流ですし、フォームのブレも少なくなるんじゃないか、と感じていました。

例えば、重たい買い物袋を手から提げている時に、最初だけ少し力をかければ後は勝手に、しかもブレることなく弧を描くじゃないですか。ダーツも重さがあればスムーズに飛んでいくはずなので、今回は19.0gという重さに挑戦してみました。
Q.全長が2mm伸び、最大径が0.4mm太くなりました。これはかなり大幅なチェンジですよね。
スペックの変更については、19.0gという重さを出すために、伸ばして太くしたということです。最大径は確かに変わりましたが、実際にグリップする部分はほとんど変わってないので、僕の中では大きく変わった印象はないですね。
Q.これまでのモデルはダブルリングカットがメインでした。今回はウイングカットのみとも言える味付けですが、ご自身の中に何か変化があったのですか?
ウイングカットは一見かかるように思えますが、実はリングカットの方が角が立っているので引っかかってしまうんですよね。僕はテイクバックの際に両者の違いを顕著に感じました。リングカットだと引いてきた時もかかるので、力むことがありました。ウイングカットは引くときは素直に最下点までおろせて、そこから押し出す際にはカットが効きます。今までの僕のモデルと投げ比べをしてみると、良くわかりますよ。
Q.江口プロは16.5gと19.0gのどちらを主に使用していますか?
僕は現在19.0gの方をメインに使用しています。他の選手に色々聞いてみても、状況によって「もう少し重ければなぁ、軽ければなぁ」というのがあるみたいで、僕の希望に対応してくれたG'sさんには感謝しています。
Q.19.0gという重さはハードダーツでの試合を見据えて―ということのように感じました。
今はハードの方をメインに考えてますね。PDCを目指して、そしてその舞台に立つために今回はバレルを作りました。ハードをする際はマーベラス2のスティールダーツ(特注品)を使ってますが、ソフトのモデルとほとんど変わらないので感触はすごくいいです。
Q.江口プロはバレルを制作する上で、どのような点を重視していますか?
自然と体にマッチするため、精度を上げていくために"シンプル イズ ベスト"という、自分の中に常にあるテーマを形にしています。余計なものを加えたくないし、考えたくないんです。でもシンプルに見えても、工夫はたくさんしているんですよ。
Q.マーベラス2はどのような方にオススメできるバレルでしょうか?
初心者から、プロとして第一線で戦っている人にもピッタリだと思います。使ってみると「あ、投げやすいな」と感じてもらえるはずです。これはシンプルなことを追求しているからなんですよね。

その中でも初心者の方にはオススメです。野球バットやグローブでもプロモデルって手にとってみたくなるじゃないですか。『江口祐司っていうプロはこういうのを使っているんだな!』ってことを知って欲しいです。このバレルを使えば、僕と同じ景色が見られるかもしれませんよ!
Q.今年度のプロツアーでの抱負をお聞かせください。
出場する大会全て優勝を目指していくのは当然なんですが、なかなか現実はそんなに甘くないですね(笑) でも、自分のアベレージを更に上げていくための要素は、まだまだたくさんあると思っています。観ている人が「今日試合観に行って楽しかったね! このあと投げに行っちゃおうか!」って気持ちになるような、そんなダーツをしていきたいと常に思っています。
Q.最後にファンの皆様へのメッセージをお願いします!
皆様の応援が本当に力になっています。期待に応えるダーツをしますし、それが実現出来るようなバレルも作って頂けました。ダーツは苦しいことも多いですが、その分うまくいったときには本当に楽しいものです。皆さんも大きな目標・小さな目標を持ちつつ、良いダーツライフを送ってください。もし僕と一緒にダーツをする機会があれば、エンジョイダーツしましょう!

ご購入はこちら

みんなでダーツを広めよう!

ホームに戻るこのページのトップヘ

お支払い方法とお届けについて

  • お支払い方法について
  • お届けについて
  • 営業日カレンダー

    読込中
Copyright © S-DARTS All Rights Reserved.

サイト内の文章、画像などはエスダーツに帰属します。
文章・写真などの複製、無断転載を禁じます。

メール便
10%
メール便
NG