メール便(ポスパケット)発送開始!!詳しくはこちら →
パイロシリーズ最終章!これが漢・星野、烈火のバレルじゃい!

【S-DARTS PLAYER】−THE BARREL COLLECTION−

  • シグネチャーバレル2016年版
  • シグネチャーバレル2015年版
  • シグネチャーバレル2014年版

星野理絵モデル

解説動画

対談インタビュー

新作バレルの発売決定おめでとうございます。使ってみての率直な感想を教えてください。
長さが2タイプあるのですが、まずは今までと同じ38.5mmの方を使っていました。こちらは太さが違うだけなのであまり違和感なく投げられましたね。
41.0mmについては、今まで長いバレルが苦手だと自分で思い込んでいたのですが、「意外と投げやすいな!」という印象がありました。投げ続けていく中で、「こっちがメインになっていくんだろうな」という感じが大きくなっていきました。

ジョーカードライバーはプロトの第一弾から「あっ、これいい!」というバレルを作ってくれるので、今までのシリーズもそうなんですが、あまりNGを出さないんですよね。
先ほどの動画撮影もNGなしでしたもんね。
ハハハハハッ!(笑)
☆Rie3と比べて最大径が0.3mm太くなっている点が☆Rie4の最大のポイントだと思います。どのような意図があったのでしょう?
私はテイクバックしてきた際に握りこんでしまう癖があって、細いバレルよりは太いほうが「握りこみを軽減させられるのかな?」と思っています。もちろん人それぞれ好みはあるかと思いますが、スッと握りやすい形になっています。
先端のアウトラインも今までは細くシェイプされていましたが、今回はふっくらとした形状になりましたね。
特に重量や最大径を出すためという意味はなく、単純にかっこ良くするためという感じですかね。グリップした際に、人差し指や中指に沿いやすい形状なので、きっとどなたにもピッタリ合ってくれるはずです。
長さが41.0mmのものと、38.5mmのものと2タイプ発売されますが、星野プロは使い分けなどは行っていますか?
試合でも練習でも41.0mmをメインで使用していますが、その日の調子やコンディションによって飛びに違和感を感じることがあります。そういう場合は38.5mmを投げてみて、それでも違和感が解消されないとなれば「自分の飛ばし方が悪いんだ」と判断できるので、そういう使い分けをしています。
☆Rie4はどのような方にオススメできるバレルでしょうか?
どなたにでもオススメできます! 今回2種類発売されるので、手の小さい方・大きい方、男性・女性を問わずお使い頂けると思います。私自身がダーツを飛ばすのが決してキレイな方ではないのですが、それをカバー出来るバレルを作ってもらっていますので、ラクに飛ばせるはずです。

最初のマイダーツがタングステンバレルという方も増えてきましたので、だからこそちゃんと良いものを使って上手くなって欲しいな、と思います。
今年度のプロツアーも残りわずかになりました。ここまでの思いと、これからの抱負をお聞かせください。
今年はまだベスト8に残った試合がなかったのですが、状態としてはすごく良いです。女子プレイヤー全体のレベルがどんどん上がっているのを感じていますが、技術的に劣っているとは思っていませんので、あとは自分に何が足りていないのかを模索している最中です。

残りの試合も少なくなってきましたが、まだ全然諦めていません。今年度が始まるときに「絶対優勝します!」と言ったので、それを実現させたいです!
最後にファンの皆様へのメッセージをお願いします!
「『がんばってください!』と声をかけるとプレッシャーになっちゃうかな?」とお気遣いをしてくださるファンの方も多いのですが、私はむしろ応援が力になっていくタイプなので、どんどん言ってほしいです! また、それに応えられるように力をたくさん蓄えています。応援してくださる皆さんと一緒に走りきりたいと思っていますので、引き続きよろしくお願いします!

貴重なお話、ありがとうございました

商品ページへ

井上未来モデル

対談インタビュー

初のご自身の使用モデルが発売になるということで、おめでとうございます!まずは感想をお聞かせください。
ありがとうございます!自分の意見が反映されたバレルが出るというのは想像もしていなかったことなので、とても嬉しいです。
ターゲットさんと契約して3年目になりますが、グッズはもちろん、戦績の部分でも常に励まして、見守っていただいています。「もっともっと頑張らなきゃ!」という気持ちになりますし、たくさんのサポートに感謝しています!
制作上で意識した点はどこでしょうか?
元々使用していたターゲットのモデルもカットが少ないもので、今回も細かなグルーヴとリングカットで構成されています。このグリップ感と手放れの良さは是非体験してください! これに加えて、グリップ感と見た目の良さを兼ね備えた縦カットが入っていますが、全体としては、バレル自体をシンプルにということを意識しました。
ファンの方へのメッセージをお願いいたします
いつも応援ありがとうございます!
はじめての入れ替え戦のときに、後ろでたくさんの方に応援の声を掛けていただいて皆さんの声が自分の力になるということを実感として理解出来ました。
同時にまた、いかに多くの方に応援していただけるかということが、プレイヤーとしての魅力なんだと理解しました。
もっともっと実力をつけて応援してくださる方の声に応えられるように、これからも頑張っていきますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします!

貴重なお話、ありがとうございました

商品ページへ

村松治樹モデル

解説動画

対談インタビュー

新作モデル「レイピア4」の発売おめでとうございます! 今作はどのような仕上がりになりましたか?
実際に使ってみて、めっちゃ入りました。レイピア3を作った時は、その当時の自分にとってベストなものを作りましたが、徐々に自分の投げ方が変わってくるので、今の自分に最適なものとしてレイピア4が完成したと思います。
前作と比べて、アウトラインやスペックが大きく変更となりました。どのような経緯で今作のスペックをチョイスしたのでしょうか?
まず長さについてですが、最初から「この長さにしよう」というわけではなく、多くのプロトを試しているうちに結果としてこの長さに至りました。
重さですが、やはり世界の第一線で活躍しているフィル・テイラー選手が26gを使用しているということで、なるべくそれに近いことをしたいと考えていました。また試合会場では空調が効いているので、その影響を重さによって小さく出来るのではないかと思い、前作よりも重くしてみました。最大径は、重さを出すために0.2mm太くなったというところです。
レイピア4のミソを敢えて挙げるとしたら、どのような部分でしょうか?
真ん中の飾りカットを皆さんがどう使うかがミソですかね。レイピア4を買った人は、会場で僕に「こんな使い方してるよ!」と教えていただけると、すごく嬉しいです(笑)
どのような方にレイピア4はオススメ出来ますか?
レイピアシリーズを今まで使ってくれた方にはもちろん、おそらく100セットずつくらい買ってくれるでしょう(笑)
今回は飾りカットもありますし、遊び心のある方にはオススメですね!
レイピア4を使用しての抱負をお聞かせください。
目標はいつも同じで、出場しているプロトーナメントJAPANで年間チャンピオンを獲得することです。ぶっちぎりで1位になりたいですね。ハードダーツでは、PDCの舞台で活躍してお金持ちになれればいいなーと思っています(笑)
全レグでナインダーツ出したいです!
ファンの方へのメッセージをお願いします!
いつも応援してくれる方もそうでない方も、僕はこれからも頑張っていきますので、応援したりしなかったりしてください(笑)
もし会場にいらっしゃる際は、誰から見ても「自分は村松治樹を応援してるぞ!」というのが分かるくらい大きな声で応援していただけるとすごくやる気が出ます。そうしたら、僕もっと勝てます(笑)

貴重なお話、ありがとうございました

商品ページへ

小野恵太モデル

解説動画

対談インタビュー

2015年の新作発売決定おめでとうございます。「エクシード」にはどのような意味が込められているのですか?
「エクシードとは、超越するという意味で、今までの自分を越えたい、より良いバレルを作り上げるぞ、という思いがあります。もともと『自分を越えていく』という言葉が好きだったので、今作にはエクシードという名前を付けました。」
前作と比べて、アウトラインやスペックなどが大きく変更されたように感じます。どのような経緯で、今作のスペックをチョイスしたのでしょうか?
「前作は『パッと持てて、パッと離せる』に重きを置いて制作したのですが、実際に試合で使用すると"点で持つ"から力む、というのを感じていました。それを踏まえた上で、今作はアウトラインで持つ―すなわち"面で持つ"という考えにシフトしていきました。

1mm短くした部分に関しては、グリップディスタンスをもう少し狭めたい、という考えからです。指を広げると安心感が不足するように感じたんですよね。16.0gという重さについては、過去に一度も使ったことがないグラム数でした。他の選手が使ってる軽いバレルを使わせてもらったときに、僕が思ってるほど感覚が悪くなかったんですよね。軽いと失投したときに、とんでもないところに飛んでしまうという心配があったのですが、だからこそしっかりとスロー出来るようになりました。また、腕の故障も怖いので今回は『これでいこう』と決めました。

ハードは入れたほうが勝つけど、ソフトは外さない方が勝つと思っています。僕はソフトをメインに生活しているので、最良のものをチョイスしました。」
前作と比べるとグリップ部分が太くなってるように見えますが
「これ、実は変えてないんですよ。前作はカットが大きかった分、径が細く見えたのですが、今作はフロント部分が少しシェイプされただけで、グリップ部分は全く同じなんです。マイクロカットを採用したことで、指の接地面積が増えて自然体で持てるというのがエクシードの持ち味ですね。」
グリップ中央部にある大きめの溝が印象的ですね
「これは逆テーパーの逆バージョンなんです(笑) 逆テーパーは後ろを持ちすぎないためのものですが、エクシードの溝は前を持ちすぎないためのものです。指が触れた時にこれで位置を確認出来ます。
なんと言っても、僕はこのアウトラインが好きなので、今作の"ミソ"を敢えて挙げるならばアウトラインですね。カットとカットの境目もスムーズなので持ってて気持ちがいいです。」
今作はどのような方にオススメできるバレルでしょうか?
「僕のダーツは基本誰にでもオススメ出来ます。その中でも後ろを持つ方は、スッと馴染んでくれるはずです。ダーツは『入と出』が大事だと思うんです。『入』というのは持ちやすさ、『出』というのは抜けやすさのことで、エクシードはこの2つをクリア出来たので皆さんに是非使って頂きたいですね!」
エクシードを使用しての抱負をお聞かせください。
「プロダーツプレイヤーなので、バレルには通年での安定感を求めています。道具との信頼関係がなければ絶対上には行けないので、価値ある1勝を掴みたいです。」
最後にファンの皆様へのメッセージをお願いします!
「僕にとって最も大切な道具が、最高のものに仕上がりました。ソフトで勝っていくことはもちろんのこと、ハードでもこれから頑張っていきたいです。今後も応援よろしくお願いします!!」

貴重なお話、ありがとうございました

商品ページへ

みんなでダーツを広めよう!

ホームに戻るこのページのトップヘ

お支払い方法とお届けについて

  • お支払い方法について
  • お届けについて
  • 営業日カレンダー

    読込中
Copyright © S-DARTS All Rights Reserved.

サイト内の文章、画像などはエスダーツに帰属します。
文章・写真などの複製、無断転載を禁じます。

ポスパケ
10%
ポスパケ
NG